リトルカブEV バッテリー内配線の変更

リトルカブEVのバッテリーはAliExpressで購入したLiFePO4

スペック上は定格放電電流50Aとなっているのですが、内部を見てみると不安になる部分が

バッテリー付属のコネクタケーブルは10AWG、BMSからケースまでの配線が12AWGなんです

本来は8AWG欲しいところ(車体側はすべて8SQ≒8AWG)なので、思い切ってバッテリー側を改造しちゃいます

またまた殻割して内臓摘出
DSC_0786.jpg

8AWGと比べてみると一目瞭然
DSC_0787.jpg

シリコンでカバーされていたのでせっせと剝がして付け替えます
DSC_0788.jpg

相手の熱容量がでかすぎてターボはんだごてでもなかなか付きません

ちゃんとついたのか不安になる

マイナス側のBMSまでは12AWGパラレルと8AWGで繋がってましたが、なぜか最後に12AWG一本に
DSC_0789.jpg

ぶっとくなりました
DSC_0790.jpg

ケース通過部分は真鍮製のターミナルでしたが、ここは穴をあけてスルーさせます
DSC_0791.jpg

最後に穴の隙間をグルーガンで埋めたら完成

まぁ、どれだけ影響があるかといえば、微妙なとこなんでしょうけどね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント